Home » 未分類 » 心臓病に強くなる体を手に入れるための食材3選

心臓病に強くなる体を手に入れるための食材3選

ゴマのパワーで心筋梗塞も怖くない

心臓に血液を送り出している大切な血管が、ある日突然詰まってしまうという恐ろしい病気、それが心筋梗塞です。心筋梗塞で有名な元スポーツ選手や俳優さんが倒れたというニュースを聞く機会も増えてきました。日本人の間でも過去20年間で心筋梗塞になる人の割合が高くなっているんです。心筋梗塞を予防するには、普段から食事に気をつけておくことが大切です。具体的には、ゴマに含まれる成分がとても効果的であることがわかっています。

青魚に含まれるあの成分も心臓によい

イワシや鯖などの青魚に大量に含まれているDHAも、心臓病全般の罹患リスクを低減させるのに効果的です。DHAとは、正式名称をドコサヘキサエン酸と言って、わたしたち人間の血液をサラサラにしてくれる働きがあることは有名です。昔から日本人は、青魚を通じてドコサヘキサエン酸を日常的に摂取していたので、心臓病になる割合がとても低かったそうです。しかし、近代化に伴い食生活が欧米化したため、青魚の消費量も徐々に減少傾向となっています。心臓病予防のために、積極的にお魚を食べるようにしたいですよね。

大豆製品は良質な血液を作る

お豆腐や納豆などの大豆を主原料とする食品群も、狭心症などの心臓病予防にとっても役に立ってくれます。大豆はその成分の4割近くがタンパク質で、畑の肉と言われていることは有名ですよね。実は大豆にはタンパク質以外にも、様々な栄養素が含まれていて、アメリカの食品医薬局が発表した調査結果によれば、一日25グラム以上の大豆を摂取すると、心臓病のリスクを大幅に低減することができるそうなんです。お豆腐などの大豆を使用した食品は、低カロリーなので、たくさん食べてもダイエットを気にしなくてよいのも嬉しいですよね。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓にある弁の閉鎖が機能しなくなり血液が逆流してしまいます。そして左心室と左心房が増大してしまい、息切れや呼吸困難といった症状を引き起こします。

最近のコメント

    アーカイブ