Home » 未分類 » 肥満やストレスを感じやす人は要注意!腰痛の症状悪化をコントロール

肥満やストレスを感じやす人は要注意!腰痛の症状悪化をコントロール

代表的な症状は間欠跛行

腰部亨脊柱管狭窄症は加齢現象で、その中でも坐骨神経痛は長く歩いていると症状が強くなります。痛みが強すぎて歩けなくなることを間欠跛行といい、特徴的な症状といえるでしょう。また、よくなったり悪くなったりを繰り返すのですが、症状が強くなりやすい人の特徴は、肥満の人や腹筋や背筋が弱く姿勢が悪い人、運動が苦手でまめに身体を動かすほうではない人や心身のストレスが多い人、うつ傾向のある人等で神経の圧迫にたいし、抵抗性が弱いために悪化しやすくなっています。

下肢の筋力低下は重症化の兆候

圧迫が慢性的に続くと神経はダメージを受けて痛みやしびれが強くなるとともにしびれ感のでる部位の感覚がマヒしてくるので足の力も落ちてきます。歩くときに蹴りだしがうまくいかなかったり、つま先がひっかかりやすくなったりするのが典型的な症状でしょう。進行すると歩くこと自体が不自由にもなり、排尿や排便がコントロールできなくなりますが、基本的にここまで重症化することはそうなく、整形外科を受診し、今後の見通しを立ててもらいましょう。

治療計画を立てるための診断と検査

自分に合った適切な治療計画を立てるために検査や診断を整形外科で行いましょう。症状がいつぐらいから出たのかやどのような経過をただってきたかは今後の治療計画をたてるうえでは重要な情報になります。また、間欠跛行の有無は重症度の目安になるでしょう。検査は神経学検査が必ず行われ、画像検査もおこないます。自覚症状の程度と多角的所見のかけ離れを正しく評価することで、重症化を防ぎ、腰痛をコントロールしながら生活することができるでしょう。

「カイロプラクティック」は海外で生まれた自然療法で、施術では手のみを使用し、手術や薬などを一切必要としません。

最近のコメント

    アーカイブ